負担の軽い

棚に並ぶアロマオイル

クリニック系のエステは、医療行為が可能なサロンです。通常美容皮膚科や美容外科、場合によっては審美歯科なども融合しており、体のあらゆる悩みにより幅広い対応が可能となっている、近年よく見られるタイプのエステです。 そこで現在トレンドとなっている施術にフォトフェイシャルがあります。フォトフェイシャルは顔の全体に特殊な光を当てることで、ソバカスやシミの原因であるメラニン色素にダメージを与えることで、コラーゲンなどの再生を促して、肌本来の美しさを引き出す施術です。肌への負担が小さいため、誰もで受けられる施術であり、効果も数回受けるだけで現れます。 皮膚科や美容皮膚科が扱う施術であるため、クリニック系のエステで受けることができ、その効果の高さから人気になっています。

一口にエステサロンといっても実はかなり種類があり、多くの人がイメージするフェイシャルやボディのケアを中心とする一般的なエステから、特定の目的に沿って施術を提供するエステまで幅広いものがあります。 例えば特定の目的に沿って施術やケアメニューを提供するところに、ブライダルエステがあります。結婚式に備えて主に将来の花嫁が通うサロンであり、式に向けた専門のメニューが用意されているので、効率的に美容効果を得られます。またクリニック系のエステサロンもあります。医療機関としての許認可を得ているため、レーザー施術や薬物療法なども合わせて行うことができます。 エステサロンはこのように、幅広い種類があり、それぞれ目的に合わせて選ぶことができます。